明治謎の実?を食べてみました

明治のお菓子で「謎の実?グレープ」というお菓子をご存知ですか?
謎というだけあって、パッケージも黒と紫を基調としたちょっと不気味な色になっています。
「食べてみればわかるよ!!!」の誘い文句まで。

この文句にやられたというわけではありませんが、グミ好きの私としてはつい手にとってしまいました。
中はパッケージの紫と同じような小さな紫色の粒がたくさん入っていて、良く見ると形や硬さがビミョーに異なります。
実はこの形によって、かりっとしたタブレットとハイチュウのようなソフトキャンディーとグミとが区別されているんですよね。
味は適度な酸味で、後味も甘ったるくありません。

食べてみれば単純なお菓子なのですが、3つの食感を順番に楽しんでいるうちに病みつきになってしまいました。
やはりグミが一番私の好みですが、袋全部がグミだったらおそらく途中で飽きてしまい、もう一袋を購入しないでしょうね。
商品開発された方はすごい!と感心をしてしまったのでした。
キミエホワイトの効果